活動レポート

仙台市音楽ホールは青葉山交流広場へ

仙台市が整備する音楽ホールの建設地が、地下鉄東西線国際センター駅北側「せんだい青葉山交流広場」と決定する方向で最終調整に入ったと報告されました。 ホール規模は、大ホール(2,000席規模)、小ホール(300~500席)、リハーサル室、練習室、製作工房、ワークショップルーム、交流スペース等を備える予定となっております。音楽ホールは、震災復興の過程で音楽が大きな力を発揮したことを受け、建設の機運が高まったもので、文化芸術の創造と発信の新たな拠点となります。 尚、震災の経験と教訓を継承・発信し、防災環境都市・仙台の「災害文化」を創造する、震災メモリアル拠点も複合整備を目指すとされております。

タイトルとURLをコピーしました