1月, 2011年

2011年1月の活動

2011-01
写真
1/4 幹部職員に対しての年頭訓示
写真
1/4 仙台商工会議所
平成23年新年祝賀会 乾杯の挨拶
写真
1/5 仙台市中央卸売市場(水産物部)
初せりにて祝辞
写真
1/5 仙台市中央卸売市場(青果部)
初せりにて祝辞
写真
1/5 仙台市中央卸売市場(食肉市場)
初せりにて祝辞
写真
1/5 仙台市中央卸売市場開始式・
賀詞交歓会にて祝辞
写真
1/6 仙台市消防出初式出席
写真
1/6 仙台市消防出初式出席
写真
1/6 仙台市消防出初式にて祝辞
写真
1/7 東北税理士会・関連団体
平成23年新年賀詞交歓会 乾杯の挨拶
写真
1/7 仙台市医師会新年会にて祝辞
写真
1/7 仙台商工会議所議員新年会にて祝辞
写真
1/7 仙台市泉区新春賀詞交歓会出席
写真
1/7 仙台市泉区新春賀詞交歓会にて祝辞
写真
1/10 宮城県隊友会新年祝賀会出席
写真
1/10 平成23年仙台市成人式出席
写真
1/10 平成23年仙台市成人式出席
写真
1/10 平成23年仙台市成人式にて祝辞
写真
1/11 宮城県印刷・関連業連絡協議会
賀詞交歓会出席
写真
1/11 宮城県印刷・関連業連絡協議会
賀詞交歓会出席
写真
1/12 社団法人仙台市老人クラブ連合会
新春交流会にて祝辞
写真
1/18 (社)宮城県警備業協会
新春賀詞交歓会にて乾杯の挨拶
写真
1/19 長春市青年連合会秘書長、
人民政府外事弁公室を議長室へお迎え
写真
1/19 長春市青年連合会秘書長、
人民政府外事弁公室を議長室へお迎え
写真
1/19 長春市青年連合会秘書長、
人民政府外事弁公室を議長室へお迎え
写真
1/20 第3回地域主権に関する調査特別委員会 委員長として出席(全国市議会議長会・東京) 
写真
1/20 第3回地域主権に関する調査特別委員会 委員長として出席(全国市議会議長会・東京) 
写真
1/21 スポーツ市議の会
楽天ゴールデンイーグルス表敬訪問
写真
1/21 楽天ゴールデンイーグルス嶋捕手と激励の握手
写真
1/21 スポーツ市議の会
楽天ゴールデンイーグルス激励会
写真
1/23 宮城県サッカー協会主催
「ベガルタ仙台激励会」にて乾杯
写真
1/23 宮城県サッカー協会主催
「ベガルタ仙台激励会」にて乾杯
写真
1/24 東北市議会議長会 支部長会議
会長として挨拶
写真
1/24 東北市議会議長会 支部長会議
会長として挨拶
写真
1/26 政令指定都市議長会議 (静岡市)出席
写真
1/26 政令指定都市議長会議 (静岡市)会長として挨拶
写真
1/26 政令指定都市議長会議 (静岡市)会長として挨拶
写真
1/27 宮城県産業廃棄物協会仙台支部新春研修会並びに名刺交換会にて祝辞
 

新年あけましておめでとうございます

2011-01

あけましておめでとうございます。皆様には、希望に満ちた初春を健やかにお迎えになられたことと、心よりお慶び申し上げます。

昨年は、異常な猛暑が続き、近年の地球規模での大きな気候の変動がおきていると実感しました。

また、国内外では、地震も多発しており、近い将来、高い確率で発生すると言われている宮城県沖地震に対する備えとして、更に万全の対策が求められ、市民の皆様の安全を守り安心して暮らせるまちづくりのために、更なる危機管理を充実することが求められていると強く感じております。

一方、今、日本は、少子化と高齢化が進み、景気の先行きも不透明で、超氷河期ともいわれる厳しい雇用情勢など、不安な情況が続いております。こうした中、景気の回復と地域経済を活性化し、確固とした財政基盤を確立し、財政面においても実行性のある施策を持って、地域主権の実現を推進していくことが必要だと考えております。
地方においては、「地域主権」政策の方向性を示す改革を推進していくことで、自治体を取り巻く環境も大きく変わろうとしています。市議会としても、自ら担うべき役割を的確に果たし、市政の中に、希望と活力へと連なる、創意と工夫のある効果的な施策を展開しなければなりません。
私は、こうした思いに立って、日ごろから、皆様の信頼に応えられる議会運営を心がけてまいりました。昨年の仙台市議会を振り返ってみますと、これまで進めてまいりました議会改革が実現できた年でありました。政務調査費の全ての支出に領収書等を添付することになり、加えて、誰でも閲覧できる制度を設けることになりました。また、海外視察制度については、当然のことですが廃止しました。さらに、自らの身を削る覚悟で押し進めてまいりました議員定数の削減も実現し、次回からは、5人を減じ、定数が55人となります。偏に、皆様のお力添えの賜物と感謝申し上げます。これからも、市民の皆様への説明責任が果たせる議会であるよう努めてまいりますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆様には、なお一層ご自愛をいただき、平成23年が「幸」多い年となりますように、心からご祈念申し上げまして、新年のごあいさつといたします。

Copyright(c) 2018 yuzuru noda All Rights Reserved.